コンプライアンス
e-Spiritのコンプライアンス憲章

コンプライアンス
基本憲章

e-Spiritでのコンプライアンスの大きな考え方は、法令順守の徹底が会社を存続するための大前提であり、
役員ならびに従業員の一人一人が法令順守を強く自覚する必要があると考えています。
また、法令順守はもちろんのこと、会社で働く一人一人が社会常識やマナーを身に付け、
より良い社会をつくる心ある社会人としての行動をすることをコンプライアンスの規範としています。
私たちはキャスティングという人を取り扱う業種であり、常にホスピタリティを持った行動を
e-Spiritの行動規・ヘの基本方針にしています。

e-Spiritでは創業から現在までも、「親切、丁寧、熱意」を持って仕事に取り組み、顧客が求める
高いクリエイティブを達成するためにクオリティを求め続けてきました。
e-Spiritのコンプライアンスポリシーの目標は、法令順守はもとより役職員一人一人が良心に従い行動し、
社名の通り、『GOOD SPIRIT』を持って社会やステークホルダーからの信頼に応えることです。
その上でe-Spiritの提供するサービスが世の中に対してなくてはならないサービスとして愛されることを
目指しています。





行動憲章

e-Spiritの目指すコンプライアンスの実現のために、役員・従業員の一人一人が順守すべき行動憲章11項目



1.世の中、人のため  【社会貢献】

e-Spiritの提供するサービスで、より良い社会、業界、地域の発展に貢献することをe-Spiritの存在意義の
第一義にするとともに、自らの働く喜びにします。


2.良心にそってルールを守ります  【法令順守】

私たちは、法律を守るだけではなく、良き市民として良心にそって行動をします。


3.マナーを大切にします  【良き社会人】

法律はもちろんのこと、良識ある社会人としてマナーを大切にします。また、より良いマナーを身につける
努力を欠かしません。


4.誠実で実直な社風づくり  【誠実】

私たちは、社内外とわずe-Spiritで働く一人一人に、誠実さと実直さを求めて行きます。
時には愚直に、真摯に仕事と人生に取り組む人材育成に取り組みます。


5.人権を尊重します。  【人権尊重】

人を取り扱う会社として、特に人権を尊重、配慮する必要があると考えています。
いかなる国籍、人種、性別、宗教等、差別がない社会を目指す努力を積極的に行います。


6.ホスピタリティ  【顧客満足度】

自分達の・ヘを余すところなく仕事に注ぎ、結果、顧客から喜ばれ、それを仕事の喜びにする組織を目指します


7.公正な競争  【フェア】

フェアという考え方を大切にします。全ての人に公平なチャンスを与えること。
そして、公平なチャンスの中での適性な競争を良しとしています。
切磋琢磨をすることによってお互いに良い刺激を与え、一人一人が良き社会人として成長をすることが、
公正で健全な職場づくりに繋がると考えています。また、いずれの他社とも不公正な競争はいたしません。


8.企業秘密・個人情報の管理  【守秘義務】

業務上知り得た企業秘密や個人情報は、法令ならびに社内規則、手続きに従い適切に管理するとともに、
第三者への機密漏えいを防止します。また、防止する効果的な施策を実施します。


9.肖像権・著作権に対して  【適切な権利処理】

業務上扱う、肖像権、著作権に関して最大限の注意を払い、適切に管理を処理します。


10.反社会的勢力との絶縁  【反社会的勢力】

私たちは、反社会的勢力とは一切の関わりを持ちません。
大きな社会問題となっている反社会的勢力に対して、良き市民として一切の関わりを持たないことはもちろんのこと、
外部関係機関との積極的な連携により企業防衛対策に努めます。


11.環境問題への取り組み  【環境問題】

この自然豊かで素晴らしい地球を、私たちが受けついだ時と同じような素晴らしい状態で次の世代に残せるよう
一人一人が環境に対して高い意識を持ち、自然環境保全、向上に努めます。
自分達だけで出来ることは限りがありますが、まずは自分達の出来ることから始めます。


ページトップへ